【タイ 生活費】バンコクの「我が家」と「日本の単身世帯」と1ヶ月単位で比較

タイ・移住

タイって生活コストが安いって言われますが「いくら」安いの?

をテーマにお話していきます。
が、結論から言います!

我が家と日本の単身世帯を比較して「毎月7,6509円」安くなってしまいました。
「年間91,8108円」っという事になりますね。

なんでこんな結果になったのか?

以降、説明します。

生活コスト比較やり方

・我が家の2019年年間支出を1ヶ月、1人あたりの支出

・日本の単身世帯の1ヶ月の支出

を比較します。

通貨は円で換算してレートは1 バーツ 3.47円で計算します。

我が家の2019年年間支出

2019年の年間支出は56万8056バーツ(2名)

バーツ
食費161192
家賃156000
奥様のお小遣い136000
交通費39760
電気・水道代37570
ペット代23124
旅行14410
฿568,056

これを1人、1ヶ月あたりの支出に変換するとこんな感じになます。

1ヶ月あたり支出
食費23306
家賃22555
奥様のお小遣い19663
交通費5749
電気・水道代5432
ペット代3343
旅行2083
¥82,131

日本の「1世帯当たり1か月間の支出(単身世帯)

e-Stat(日本政府の統計窓口)から「1世帯当たり1か月間の支出(単身世帯)を参照します。(2019年10~12月の調査)

1世帯当たり1か月間の支出(単身世帯)

食料40,617
住居17,307
光熱・水道10,789
家具・家事用品5,329
被服及び履物6,497
保健医療6,964
交通・通信21,424
教養娯楽18,785
その他の消費支出 1)30,928
合計158,640
住居費に関しては、高齢単身世帯の持ち家があるため安くなっているかと思われます。

グラフにするとこんな感じになります。

感想

衝撃的な数値で出てしまったのですが、ちょっと注意していただきたい点があります。

  • 2人住まいなので生活コストは低くなってしまう
  • そもそもタイで暮らしている日本人の中でも生活コストは低い方だと思う
  • 2人共お金のかかる趣味がない

という点から、誰でもこのような結果にならないかと思います。

企業がよくやる「最大「毎月7,6509円割引」可能!」程度に考えていただきたいです。

今回は収入の面は全く考えていませんでしたが、
日本でのお給与から微減程度でタイでお仕事見つけられれば、貯蓄が捗りますね。

っということで今回はここまで

それじゃ、またねー

こんな記事もあるよ

【年間生活費、公開】バンコクの生活費いくら?3点説明宅・支出公開5月分 2019年年間支出

タイ・移住
■ブログ村入り口■(押して頂けると3点が喜びます!)

ブログランキング・にほんブログ村へ

株、財務、漫画、小説、おとなの本など図書館サイズに本が入ってます!「Kindle Unlimited▶30日間無料」30日経過後から毎月980円。フツーに本1冊より安いですよね?

株、財務、漫画、小説、おとなの本など図書館サイズに本が入ってます!「Kindle Unlimited▶30日間無料」30日経過後から毎月980円。フツーに本1冊より安いですよね?

3点をフォローする
タイのお金、理性と感情の間

コメント

タイトルとURLをコピーしました