【タイ限定】35歳から共働きで手堅く9000万円弱資産を作る方法

タイ・移住

前回に引き続き、タイに今後50年、、いや永住レベルでパートナータイ住まいをお考えの方多いと思います。

っで、考えました!(妄想、皮算用しました。)

お金の心配」をせずに「パートナーと老後」を過ごす「現実的な方法」を考えたので是非、最後まで読んでくれると嬉しいです!!

とは言え、皮算用なんであくまで今後の方針の参考程度にしてね。

ちな、現資産が3000万B(ざっと1億円以上)以上の方は安心し暮らせると思うのでサラッと見てね。(帰っちゃ駄目!笑)

■資産9000万円弱を作るレシピ

材料はこんな感じ

年齢35歳×2名
貯蓄額1人あたり100万B用意(計200万B)
年間支出額-฿568,056(毎度の三点宅2019年の年間支出
毎月投資額4万B(共働きなら行けるかなと)
日本日本の年金なし
銀行普通口座金利0.5%
投資利回り3.5%(税引き後)
行動60歳でリタイア
インフレ率1%

どどーんッ!

はい、これでもう老後も安心!
日本の年金も頼らずに100歳以降も生きていけますねヾ(@^▽^@)ノ ワーイ

・・・小さすぎて見えませんね。

グラフの解説

35歳で各100万B(計200万B)を貯金した状況でスタート。インフレ率は1%で設定。

まず最初に銀行の普通口座に150万B(生活防衛資金約3年分)を残し

残りの50万Bを投資に回します。

そこから毎月4万B投資を(株・債権・ファンド、不動産等)

何でもいいので税引き後の金利3.5%になるようにで運用すると

最近流行りの米国S&P500の利回りは年平均で7.1%との事なのでS&P500に投資してもいけるかもしれませんね。

60歳になる頃の状況を見てみると。。

銀行口座:฿1,707,689 

投資額:฿24,193,287

資産:฿25,900,976

ここまでは、ふーんって感じ。とりあえず大金っぽいけど

そこで日本円に換算すると(1B=3.46円 2020/7/1)

銀行口座:5,908,605円 

投資額:83,708,772円 

資産:89,617,377 
(バーツ換算だと「ふーん」って感じでしたが、円に換算すると、お、億万長者手前じゃないですか。。)

投資の3.5%分所得が「毎年」:932,150B(3,225,239円)

すっげ!

ただし、毎年インフレ率1%づつ継続していると支出は現在と同じ生活をしてても

年間支出-฿728,493 (まぢかっ!)

あとは、75歳から総資産が微減しはじめるのですが100歳時には

資産22,620,982B(¥78,268,596)

を残して晩年を迎えるっと。

感想

タイの特徴として物価・税金が安い(現金が手元に残りやすい)且つ日本人の給与所得も5万-7万Bがボリュームゾーンらしいので毎月4万B貯蓄は共働きなら十分可能かと。

ということで、投資資金が潤沢に用意できるのであと年利3.5%程度の金融商品を探せるかがポイントかな。(タイ株なら為替リスク無く、6-8%配当株が結構あるので期待)

■今回の注意点

  • 子供の事は今回は考えていません。
  • 資産をほぼ投資に回す設計なので、生活防衛資金はあるものの
    60歳以降では2年程度しか耐えられない。
  • 極端なインフレが起きると悲惨

個人的にはこのモデル近い形で資産形成してます。

貯蓄+タイ株だと振れ幅大きくて楽しいのですがそろそろミドルリスク・ミドルリターンさがないと行けないのかな。

あとがき

昨日記事に書いた【タイ生活費】人生あと50年タイ生活、いくらかかるの?~皮算用、独身編の内容で

老後の出費の部分が「貯蓄」「投資額」が同時に減って行ってるんだが、普通の人こんな取り崩しの仕方絶対にしないと気付き、今回の9000万円弱資産を作る方法では、「現実的」で「誰でも」できそうという点を考えて今回は記事書きました。

っという事で、今回はココまで!

それじゃまたねー

タイ・移住
■ブログ村入り口■(押して頂けると3点が喜びます!)

ブログランキング・にほんブログ村へ

株、財務、漫画、小説、おとなの本など図書館サイズに本が入ってます!「Kindle Unlimited▶30日間無料」30日経過後から毎月980円。フツーに本1冊より安いですよね?

株、財務、漫画、小説、おとなの本など図書館サイズに本が入ってます!「Kindle Unlimited▶30日間無料」30日経過後から毎月980円。フツーに本1冊より安いですよね?

3点をフォローする
タイのお金、理性と感情の間

コメント

タイトルとURLをコピーしました